自動車に乗る人が万が一の事故に備えて保険に入ることは今や常識となっていますが、それに比べて自転車の場合はそうした危機意識が希薄な傾向があるように思えます。